みかわち焼き

技法

染付 そめつけ

細やかさと濃淡を駆使した、写実的な絵

〈技法〉

 素焼きの白地に、藍色の絵の具・呉須(ごす)[コバルトを主成分とした原料からつくられている]を含ませた筆で絵や文様を描き、着色する技法です。素焼きした器に、絵柄の輪郭(りんかく)を描いて着色していく作業を「骨描(こつが)き」と呼びます。さらに輪郭線が描かれた絵に呉須を面として染めていく仕事は「濃(だ)み」と呼びます。専用の濃み筆にたっぷりと呉須を含ませ、真横に構えて器の表面に注ぐように色を染み込ませていきます。素焼きの生地は吸湿性が高く、濃み筆は休まず動かし続ける必要があります。

〈特徴〉

 みかわち焼の染付は、「一枚の絵のような」と評されることがあります。

 やきものに描かれる絵は、陶工たちが器に同じ絵柄を何度も繰り返し描くうちに自然と省略や変形が起こり、パターン化された「文様」として定着していくものです。しかし、みかわち焼は、そのような図案の変形を経ることはなく、いまでも絵画を描くように、一筆ひとふでを運んでいきます。そのため、やきものの絵付けとしては珍しく、濃みの濃淡で立体感や遠近感を表現するなど、絵画的な手法が大切にされ続けています。

 また、輪郭線の中を塗る「濃み」の工程にも特徴があります。有田(佐賀県)で主流の「しぼり濃み」と呼ばれる二本の指で押さえた筆を動かす方法ではなく、筆を固定し、器を動かしながら、呉須を滲ませていく「流し濃み」の方法をとっています。

唐子 からこ

繁栄の象徴、子ども達が遊ぶ

 中国風の服装や髪型をした子どもの姿を描いた唐子(からこ)は、みかわち焼のなかで最も知られたモチーフです。
 多くの男児に恵まれることが中国では幸福の象徴とされていたため、唐子は幸せや繁栄を表す図案として、唐の時代(8世紀)から工芸意匠に描かれていました。
 三川内では、寛文年間(1661年ころ)に御用窯の絵師・田中与兵衛尚俊が、明の染付から着想し考案したと伝わっています。当初は自由に描かれていたようですが、やがて様式化され、よく知られているのは唐子が松の下で蝶などと遊び戯れるものです。当初は自由に描かれていましたが、江戸時代後期・末期頃は、口縁に「輪宝(りんぼう)」と呼ばれる連続した文様を連ねて、松と太湖石(たいこせき)、牡丹をセットにした様式が主流となり、それらは御用窯でつくられていたとも言われています。唐子の人数は、1人、3人、5人、7人の奇数がほとんどです。
 明治以降、唐子は絵師によって個性が加えられ、その表情や姿も大きく変わりました。現在は、親しみやすく、楽しい唐子像も描かれています。

薄づくり うすづくり

光を通す、緊張感に満ちた器

 光源にかざすと電球のように輝く、厚さは1ミリ弱の薄いやきものです。みかわち焼では、江戸時代中期に薄手の蓋付きの碗が一つの代表的な作品ですが、江戸時代末期からはさらに発展し軽く薄くなり、蓋付きの碗に加え輸出用に珈琲碗が多くつくられました。中国陶磁での名称「薄胎(はくたい)」、もしくは卵の殻にたとえた英語での呼称“egg shell”から「卵殻手(らんかくで)」とも呼ばれていました。

 明治時代は赤絵など上絵付けの器が多く、染付されたものが比較的に少ないのは、絵の具の水分を素地が吸うと、バランスが崩れ形が歪んでしまうため少なかったと考えられています。

透かし彫り すかしぼり

軽やかに、そして涼しく見せる工芸の粋

 繊細な技法を駆使した「細工物(さいくもの)」と呼ばれるなかの一つで、器面の一部をくり抜いて模様を表す技法です。素地が乾燥する前に直接穴を開けていきますが、一つくり抜くごとに不安定になるため、全体のバランスを慎重に見計らいながら作業が進められます。

 みかわち焼では全面を彫り、籠(かご)の編み目のように見せる一つの限界点まで発展していきました。江戸時代17世紀に始まり、明治・大正時代にはより複雑な技術を極めた作品が生まれました。

置き上げ おきあげ

塗り重ね、硬い磁器を柔らかく見せる

 立体的な絵柄を器に貼り付けることを「置き上げ」と言い、日本では室町時代の瀬戸焼(愛知県)や桃山時代の楽焼(京都府)で古くから見られる技法です。

 みかわち焼では、絵柄を水で溶かした器と同じ土を水で溶いたものを筆を塗り重ね厚く盛り上げてつくっていきます。塗り重ねが終わったところで、乾き切らないうちに、先の固い針ではっきりとした段差をつけるところを仕上げの削りをしていきます。
 硬い磁器の表面に柔らかい布を重ねたような滑らかな線と面が現れるのが特徴です。明治時代に完成し、大正、昭和初期に壺や鉢に描かれました。
 

菊花飾細工 きっかしょくざいく

一枚ずつ切り起こして生まれる、白い花

 磁器製の菊の花で、「手捻り」の技法で用いられるパーツの一つです。先端の尖った竹の道具で、土の塊りから花びらの形に一枚ずつ切り出します。一周したところで、今度はそれらを一枚ずつ起こしていきます。何周もくり返すことによって立体的な菊の姿が現れてきます。壺や蓋、瓶に装飾として貼りつけられます。

 彫り起こしたときは、花びらの一枚いちまいが鋭く立っていますが、釉を掛け焼成を経ると自然の菊のような柔らかさが醸し出されていきます。

手捻り てびねり

動物や植物の生命感をやきものに

 素地と同じ土を用い、細工のあらゆる技法を駆使して形をつくる装飾技法です。

 みかわち焼では、写実的な、あるいは曲面から独立した生命感にあふれた動物や植物がつくられます。代々受け継がれてきたモティーフの中に龍や獅子、菊などがあり、食器ではなく飾り物としてつくられています。

 これらは、江戸時代後期から明治時代にかけて盛んになり、江戸時代には平戸藩からの献上品や贈り物として、明治以降は、技術を誇示した万国博覧会への出品を目的にしたものも多くあります。

赤絵・染錦 あかえ・そめにしき

 染付を施した器を本焼き(1300度前後)した後に、赤や緑、黄色、さらには金で絵付けを行い低火度(800~600度、絵の具の耐火度に応じた温度)で焼成を行います。みかわち焼は、染付が中心でしたが、江戸時代末期から明治時代にかけて輸出が盛んになると、赤絵、金彩を施した染錦を施したものがつくられるようになりました。

絵柄と文様

みかわち焼で描かれることが多い、植物や文様を集めました。「唐草(からくさ)」などは繰り返して描かれる文様として知られていますが、みかわち焼では、パターン化されず写実的なことが多いのが特徴です。

牡丹 ぼたん

花が豪華に見えることから、中国では富貴の象徴とされてきました。日本では江戸時代には品種が豊富になり、栽培が流行したことが伝わっています。明時代末の中国の染付や色絵磁器や、肥前磁器の図柄としてよく用いられました。牡丹の花一輪を描いた「牡丹花」、花唐草の花の部分に牡丹花を描いた「牡丹唐草」などの表現があります。

きく

中国では延命長寿の霊草として薬に用いていました。日本でもその美しさは高く評価され、高貴な吉祥文様として皇室の紋章にも採用されました。近代以降は献上品の象徴としての菊も描かれています。本来は秋草文の中のひとつの図柄でしたが、みかわち焼では特に菊が好まれ、図柄だけでなく立体的に表現したり、菊の形を器にするなどしてきました。花のほかに葉や茎も描いた「菊」、花一輪だけを描いた「菊花」、菊花を連続して描いた「菊花重ね」などがあります。

やきもの用語・道具集

みかわち焼、および九州・肥前地区で古くから使われている技法や言葉の解説です。瀬戸や京都とも異なる、みかわち焼や肥前地区ならではの技法が、独自のやきものを生み出してきました。それらは言葉にも映し出されています。

網代陶石 [あじろとうせき]
寛永10年(1633)、今村三之丞(いまむらさんのじょう)によって佐世保市の針尾島三ツ岳(はりおじまみつがたけ)で発見された磁器用の石。天草陶石(あまくさとうせき)と調合され、白い磁器のみかわち焼が誕生しました。
天草陶石
釉と素地のどちらにも用いられる陶石で、日本でつくられる磁器の最も主要な原料です。熊本県の天草下島の北西部で多く産出し、もともとは砥石(といし)として出荷されたものが、17世紀半ばに磁器の原料になることを発見されたと言われています。
絵描きさん
独立して絵付けを生業とする職人の呼び名。
かな
器を削るための鋼鉄製の道具。大きな削り用と、小さな削り用があり、なま乾きの生地の外側や、高台削りに用いられます。
窯づみ [かまづみ]
窯のなかに製品を入れていく作業のこと。ほかの産地では「窯入れ」と呼ぶことが多いです。
きりよま
形成した器をロクロから切りはなす時に用いられる糸。馬の尻尾が最高級品とされましたが、普通は藁(わら)の芯をよったものが使われました。
車屋 [くるまや]
生地屋(きじや)とも称される、ロクロを挽(ひ)くことを専門にする職人。
呉須 [ごす]
コバルト化鉱物を含む鉱物で、染付に用いる顔料。絵付けののちに、釉を掛けて高火度で焼成すると水色から藍色に発色する。幾日もかけて摺(す)り、粉末にしたものを液体に溶かして使います。中国から、長崎の出島経由で輸入されていました。
シャク
器の径や深さなどの寸法を測るための、十字型をした竹製や木製の定規。他の窯場では「トンボ」「アタリ尺」とも呼ばれています。
ジョウハク/タイハク
御用窯(ごようがま)で焼かれたものを指します。そのなかでも優れたものを「上太白(じょうたいはく)」と呼びました。
スジ車
染付で筋を引いたり、刷毛で塗るなど装飾の際に使用する手動式の小さなロクロです。
濃み  [だみ]
線描きされた絵に、絵の具「呉須(ごす)」の面やぼかしを加えることを「濃(だ)み」といい、この作業をする人は「濃み手」と呼ばれます。濃い濃みや薄い濃みがあり、ぼかす時には大きな濃み筆が用いられ、濃淡のニュアンスによって、遠近感や立体感が表されました。みかわち焼の特徴は、筆を絞りスポイトようにして器の面に呉須をつたえる有田をはじめ一般的な方法と異なり、筆を横にして呉須を流すように染み込ませていくことです。より滲んだぼかしに表情が生まれます。
ハマ
焼成の際に、器の変形を少なくするために下に敷く、素焼きの台のこと。本州の窯場では、トチンと呼ぶことが多い。
へら
ロクロで形成する時、粘土をのばすために用いられる木製のへら。主には、押しべら、刺しべら、細べらの3種類があります。
ボシ
焼成の際、炎や燃料の薪の灰が器に被らないために納める筒。円形や四角形のやきもので、ほかの産地では、「匣鉢(さや)」「エンゴロ」とも呼びます。 写真:手前が「ボシ」で、左は器を「ボシ」に入れた様子。奥の小さな丸いものが「ハマ」
水拭き [みずぶき]
成形した器は窯に入れる前に、女性によって水気を含ませた木綿布で拭き上げられました。水拭きすることで乾ききった生地の目止めをし、研磨によって表面を滑らかに仕上げました。
杵灰 [ゆすばい]
杵の木を焼いた灰で、釉薬の光沢を上品に落ち着かせるために混入されました。長らく九州産の磁器に欠くことのできないものでした。