スクロール

みかわち焼き

19世紀、「Hirado」(平戸焼)の名で
ヨーロッパを魅了した、長崎デザイン。

Mikawachi Ware - Its Origin in the Late 16th Century, and Today

みかわち焼

すべて手描きであること。一つひとつ、彫り起こすこと、くり抜いていくこと。それが、みかわち焼のつくり手たちが守り続けた誇り

長崎県のやきもの「みかわち焼」は、平戸藩の藩主・松浦公のための器や献上品をつくる「御用窯」として、採算を度外視したやきものを数多く残しました。明治時代以降は、国内外の富裕層に向けた繊細な細工や造形で人気を博しました。「手間をかける」精神は現代でも受け継がれています。江戸時代から明治・大正・昭和を通して、現代にも続く、匠の器をお楽しみください。

お知らせ